1. ホーム
  2. いちご鼻
  3. ≫31歳 いちご鼻を厚化粧で隠し、毛穴の奥に汚れが入りクレンジングでは落ちない

31歳 いちご鼻を厚化粧で隠し、毛穴の奥に汚れが入りクレンジングでは落ちない

顔の中心部でもある「鼻」は、特に目が行きやすい場所とも言えるでしょう。

そんな大切なパーツでもある「鼻」のブツブツやでこぼこは、女性なら誰しもなくしたいと思う大きな「欠点」です。

私はなんと幼稚園のころから、いちご鼻がとても気になり、長年コンプレックスでした。

目立つ箇所だからこそどうやって改善すれば良いか、隠せば良いか、昔も今も、とても頭を悩ませる部分でした。

下地やファンデーションなどの化粧品で念入りに隠しても、時間が経てばいちご鼻特有の凹凸は表に出てきてしまい、隠し用がなくなってしまいます。

それに、隠そうとすればするほど毛穴の奥にまで化粧品の汚れが入り込み、簡単に落とせなくなってしまいます。

そして黒ずみの原因にもなってしまいます。

いちご鼻は、見た目も非常に目立ってしまい、恥ずかしいと思ってしまうものですし、うまく隠すことも難しく、そしてスキンケアも難しいところなので、女性にとっても強力な「敵」だと、私は感じてしまいます。

イチゴ場なを隠すための厚化粧が毛穴に入り込むサイクル

上記の「いちご鼻」と同じくらい、幼いころから長年悩んでいました。

いちご鼻をお化粧品で隠そうとし、下地やファンデーションで厚く厚く重ねてしまうと、それらの汚れがすべて毛穴の奥に入り込んでしまい、クレンジングをしてもすべて落とすことができず、その汚れが酸化して、毛穴の黒ずみを作り上げてしまいます。

一度できてしまった毛穴の黒ずみはとても強力で、毛穴クレンザーを使っても、押し出しても、サロンで毛穴除去の施術を受けても、そう簡単には消えてなくなりません。

そして、簡単に落ないからこそ、意地になって強引にお塗装とする人が増えます。

爪で毛穴を押し出して中の汚れを取ろうとしたり、くれんじん具や洗顔時に、ゴシゴシと強い力を入れて無理やり洗う人が多くいます。

私も全く同じでしたが、そうすればするほど、汚れも取れず、皮膚も痛めるので逆効果です。

いちご鼻と毛穴の黒ずみはまるで姉妹のようなもので、セットで悩む人が多く、そして簡単には直せない手ごわいものです。

泥洗顔で毛穴の黒ずみ、角質、皮脂をスッキリ

そんな毛穴の汚れに悩む人たちの中で、今、「泥洗顔」はとても話題を呼んでいます。

どうして毛穴には泥洗顔が良いかといいますと、「泥」を使って作った泡によって、角質や皮脂や汚れなどを吸着させて、毛穴をキレイに掃除するからです。

なんと言っても、粒子が非常に細かいので、浸透力に優れており、そして通常の洗顔料よりも汚れに対する吸着力が高いので、毛穴の奥に詰まってしまった汚れでも簡単に取り除くことができるのです。

なので、先ほどのゴシゴシ強めの洗顔で無理矢理汚れを落とさなくても、泡に上手く汚れが吸着される為、肌や毛穴にダメージを与えてしまう心配はありません。

洗い上がりもとてもさっぱりとしており、そして泥臭いということもないので、初めての方でも難なく使うことができます。

また、泥洗顔は保湿力が高いものが多いので、肌の乾燥を防ぎ、毛穴が痩せて大きく目立たせることも避けられます。

それらの効果によって、毛穴を引き締める力を高めて、毛穴に汚れが詰まってしまうことを未然に防げます。

泥洗顔と言えばやっぱり「どろあわわ」が1番

そんな今話題を呼ぶ「泥洗顔」の中でも、特に人気で話題になっているのが、健康コーポレーションの「どろあわわ」です。

どろあわわは、もちもちでふわふわな弾力のある泡が人気の秘訣です。

この泡で顔を優しく包み込んで洗うので、肌へのダメージや摩擦も少なく、そしてきめ細やかな泡が、毛穴の奥の汚れまで落としてくれます。

洗い上がりはさっぱりしていますが、豆乳醗酵液配合なので、乾燥したり、つっぱるような感覚はありません。

そして、保湿成分として、ヒアルロン酸、コラーゲン、黒砂糖が配合されていますので、毛穴にしっかり届き、弾力のあるプルプルと太った皮膚に穴なるので、毛穴が小さくなっていきなります。

古い角質も落としてくれるので、より聡明感のある綺麗な肌になっていくのも、魅力の一つです。毛穴の広がりや汚れは何を試しても良くならなかったので諦めていましたが、私はこのどろあわわと出会い、無理なく改善させることができたので、救いの神のような存在です。

お値段は他の洗顔料よりはお高めですが、試す価値はあると思います。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。