1. ホーム
  2. いちご鼻
  3. ≫41歳 たくさんの泡で穏やかに古くなった角質を落とすのが1番の毛穴ケア

41歳 たくさんの泡で穏やかに古くなった角質を落とすのが1番の毛穴ケア

できるだけこすらずにすむように、泡立ちのよい洗顔料を選ぶようにしています。
素材は天然由来の素材であればなおよいので、選ぶ際には素材も気にしています。

いちご鼻になると、顔全体が黒ずんでいるように見える

鼻は人の顔の中でも中心部にあることから、とても目立つ部位でもあります。
人の第1印象を左右するものでもあることから、鼻のケアには日頃から気を付けています。

ですが、毛穴に残った汚れや角質が目立ちやすく、すぐに黒っぽくなってしまいます。

そして鼻は、顔の中でも1番高いことから、紫外線のダメージも受けやすく負担がかかる部位です。

ちょっとした紫外線のダメージからすぐに日焼けをしてしまい、黒っぽくなるのも鼻です。

黒っぽくなった鼻は、その見た目がいちごに似てることからも「いちご鼻」と呼ばれます。

いちご鼻は、黒い斑点に見えてしまうことからも見た目が良くなく、とても目立ってしまうのです。

鼻の頭がいちご鼻になっているだけで、顔全体まで黒ずんで見えてしまうことからも、いちご鼻は女性にとって絶対に避けたい肌トラブルの1つです。

鼻専用の毛穴パックなどのコスメ商品などもたくさん販売されていることから、女性のいちご鼻に対する意識が強いものであることがわかります。

洗顔はゴシゴシ洗いをしてはいけない

毛穴の黒ずみは、女性にとって永遠の悩みとも言えるものです。
毛穴が黒ずんでいると、肌全体が黒ずんで見えてしまい、また老けて見える印象まで与えてしまいかねません。

肌トラブルを防ぐことを考えた時に、毛穴ケアは絶対に外せないものなのです。

毛穴からは皮脂や汚れが絶えず分泌されます。

皮脂や汚れがきれいに洗い流されず、毛穴に留まってしまうことで肌トラブルは発生してしまいます。

毛穴に留まった皮脂や汚れはやがて角質となり、角質が固まることで角栓として毛穴に確認できるようになります。

洗顔をする時に、毛穴の汚れを落としたいがためにゴシゴシと力を入れて洗顔してしまいがちですが、強くこするだけでは毛穴ケアはできていないのです。

ゴシゴシと擦ってしまうと、逆に肌を傷つけてしまうのです。

まずは、たくさんの泡の力を使って、穏やかに古くなった角質を落とすことが大事です。

角質層へのダメージを最小限に抑えることも、毛穴ケアのポイントなのです。

毛穴の黒ずみに、泥洗顔がベスト

洗顔方法はたくさんあり、その洗顔料も実に様々です。

そんな中でも、泥洗顔とは、泥に含まれる成分の力を利用して洗顔することです。

同じ泥にもたくさん種類があり、その効能も成分により様々です。

共通して言えることは、ミネラル分を多く含んだ粉状粘土を使っているのが泥洗顔と呼ばれるものであるということです。

泥洗顔は、洗浄力が強く洗顔に適した成分ともいえます。

また、吸着力に優れるものが多く、毛穴にしっかり吸着することからも毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり落としてくれる効果が期待できます。

特に毛穴ケアに力を発揮する泥洗顔は、毛穴の黒ずみを気にする人にとって、最適な洗顔方法なのです。

泥の成分は特別なものでもあるため、その刺激が心配な人も多いことでしょう。

敏感肌などで泥成分が心配な人は、天然由来の成分でできた泥洗顔を使うといいでしょう。
保湿に優れているのも泥洗顔のいいところです。

洗顔後の肌を乾燥からしっかり守ってくれます。

毛穴の汚れをしっかりと吸着するどろあわわ

健康コーポレーションのどろあわわは、とても泡立ちがよく肌への吸着力もとても優れているものです。

柔らかすぎない泡が程よく肌に吸着してくれるので、肌ケアをしっかり行ってくれます。

天然成分である沖縄産の泥「マリンシルト」と火山灰から生まれた泥が主成分となっています。

この「マリンシルト」は、数百年もの間、海底に沈んでいた泥で海の恵みでもあるミネラルを豊富に含んでいるのです。

また、火山灰由来の泥は、自然界の掃除役とも呼ばれるほどのものです。
どちらの泥も吸着力が高いことが特徴となっています。

毛穴の汚れを落とすのに欠かせない吸着力。

その力をいかんなく発揮するのが、このどろあわわのいいところなのです。

柔らかすぎない、弾力性のある泡が毛穴にしっかり張り付き、汚れを落としてくれるのです。

また、保湿成分に優れているところもどろあわわの特徴の1つです。

洗顔後の肌は、とても無防備な状態です。

そんな肌を保湿し、バリアー機能も果たしてくれるのです。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。