1. ホーム
  2. いちご鼻
  3. ≫私が洗顔を選ぶ3つのポイントと泥洗顔を実際に経験したからわかること

私が洗顔を選ぶ3つのポイントと泥洗顔を実際に経験したからわかること

私が洗顔料を選ぶポイントは3つあります。

そしてその3つはとても基本中の基本条件です。

まず一つ目が、『毛穴の汚れを落とします』という文句をうたっているものです。

年々毛穴の開き、そしてそこに詰まる汚れが気にあり始めたので、『落とします』と言っている商品は、記載していない商品よりは毛穴汚れが落ちるのだろうと信じているからです。

二つ目が、保湿成分があることです。

こちらも年齢を重ねるにつれ、洗顔後の肌の乾燥が気になり始めましたので、『洗顔後つっぱらない』なんて書かれちゃうと、魅力が増します。

そして最後に価格。

日々の洗顔はもちろん大事なのですが、正直洗顔にバカ高いお金を費やすことはできないのです。

コストパフォーマンスはやはり譲れない点です。

脂性肌から乾燥肌へ。それでもイチゴ鼻になっている私

『イチゴ鼻』。
この言葉を初めて聞いたときは言い得て妙だなぁと感じました。

しかし、実際自分の鼻がイチゴ鼻になってしまったら…イチゴなんて可愛いものではまったくありません。

憎むべき対象になってしまい、イチゴを見るだけでも嫌になってしまいそうです。
当初、イチゴ鼻というのは皮脂の多い人がなるものだと思っていました。

というのは、私は脂性肌で、いちご鼻だったからです。
皮脂や角栓が毛穴につまってイチゴみたいになっているのだろうと思っていました。

しかし、最近私の肌は乾燥傾向になってきましたが、それでもイチゴ鼻になっているときがあります。

つまり、肌質は関係ないということだと思います。

私が思うに、若いころのいちご鼻の原因は、やはり皮脂量が多いからだと思います。

いくら毛穴が開いていない状態だっとしても、皮脂量が多ければしっかり毛穴に詰まってしまうと思います。

そして、アラサー世代になると、肌の状態が悪くなります。

年齢には逆らえませんから。
若いころと比べると肌がたるんできます。
肌がたるむということは、毛穴もたるんで開いてしまいます。

そこにメイクをしてしまうので、皮脂だけでなくメイク汚れがたまってしまうのでしょう。

つまり女性は年齢、肌質にかかわらず常にイチゴ鼻に悩まされるものなのだと思います。

毛穴が目立たなくなる下地を使うとさらに毛穴の黒ずみが加速

『毛穴の黒ずみ』。
私はこれは『いちご鼻』と同じものだと考えていいます。

強いて違いを挙げるならば、『いちご鼻』は鼻限定に使われるもので、『毛穴の黒ずみ』は鼻以外、肌全体に使える言葉だと思います。

毛穴が黒ずむのは、毛穴がある肌全部に対して言えます。
したがって、皮脂量の多いTゾーンや、口の下の当たりも実は油断していると角栓が詰まっていたりします。

また、鏡に近づいてしっかり観察してみると、30を過ぎたあたりから毛穴の開きが見えるようになりました。
なんていうか…毛穴が下に広がった感じなのです。

そこにメイクなんかしたら詰まってしまうのは確実です。

私も含め、毛穴の黒ずみに悩む女性がよくやってしまいがちなことがあります。

毛穴の開きや黒ずみが気になるので、お化粧の下地として、『毛穴を目立たなくする』と提唱している下地を使ってしまうことです。

確かにこれを使うとお化粧のりも良くなり、化粧をしている最中は毛穴の開きや黒ずみを気にすることはありません。

しかしこれが毛穴の黒ずみ、つまりをさらに加速してしまうと思います。

本来ある毛穴の黒ずみ、開きを隠すために上から塞いでいるだけだからです。

毛穴の開き、黒ずみは確かに気になるものですが、隠すといった一時的な対処法では本当の解決にならず、汚れを取り除くといった根本から取り組んでいかなければいけない根深い、そして難しい問題なのです。

クレイパックに比べたら全然マシな泥洗顔

泥洗顔。
私は実家の母に勧められ、とある商品を使ったことがありました。

当初『泥』を顔に乗せるというのは抵抗があったのですが、なにも砂場で遊んだいたときに使った泥を乗せるわけではないのです。

また、私は過去にクレイパックを体験したことがありますが、あれだって泥の一種。

あれに比べたら全然問題ないです。
泥洗顔をしてみて、まず、洗顔料自体が粘土のように粘着性があり、濃厚といった感じを受けました。

ずっしりと重い洗顔料からは想像しにくい程に泡立ちました。
粘着性があるからか、その泡を肌に乗せた時の肌への吸着率がよかったように感じました。

そして、その泡をお湯で洗い流すとき。
肌へしっかり吸着しているので洗い流すのが大変なのかなと思っていましたが、そんなことはなく、するっと落ちたのです。

一瞬にして泡が消えてなくなるようでした。洗い終わった後の肌は、乾燥してるかと思いきや、意外と潤っていました。

泥にはミネラルが含まれているとよく聞きますので、そのおかげで肌が潤っているのかなと思いました。

まったく泥臭さを感じさせず汚れを落とし、そして肌の潤いも保つ、といった印象を受けたので、泥洗顔は若い人というよりは、少し年齢を重ね、毛穴も気になるけど乾燥も気になるといった女性向きの洗顔方法かなと感じました。

どろあわわ、価格が少し高く手がだせていない

泥洗顔はしたことはあるものの、この『どろあわわ』は未体験です。

雑誌やネット上で結構話題に上がっているので気になってはいるのですが、正直価格がネックでまだ購入できないでいるのです。

洗顔料に2980円はちょっと厳しいな…というのが正直なところです。

しかし、以前試した別商品の泥洗顔(しかもどろあわわに比べると激安なもの)で効果を実感しているので、こちらの商品もおそらく毛穴汚れや乾燥対策に大きな効果があるとは思います。

定期コースに申し込めば半額で購入できるようですが、定期コースで使い続けられるほど余裕がないのも事実です。

また、購入に踏み切れない理由の価格以外の理由として、口コミを見ていると「効果をそれほど感じなかった」というものがあったりするからです。

もちろん人それぞれ肌質も違いますし、合う合わないがあるのは仕方がないのですが、やはり約3000円も出して使うのであれば、100%満足して使いたいものです。

量を少なめにしてお試し1週間、というようなトライアルセット的なものがあれば、私のように使ってみたいけど踏み切れない、という人も手軽に利用できるのでは、と感じています。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。